DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5960

タイトル: ネットワークコーディングを用いたアプリケーションレベルマルチキャストにおけるノード離脱問題の検討
著者: 大竹, 健司
高橋, 修
アブストラクト: 複数のパケットを単一のパケットに符号化をし,ネットワークにかかる負荷を削減する技術であるネットワークコーディングは,多くの帯域を必要とするマルチキャスト通信であるアプリケーションレベルマルチキャストに適用することによって大きな効果が得られることが分かっている.しかし,ネットワークコーディングをアプリケーションレベルマルチキャストに適用する際には異なる経路間でリンクが共有されやすい複数の転送経路を構築する必要がある.本研究においては,ノードの離脱や不正終了に考慮したアプリケーションレベルマルチキャストの経路構築手法を提案する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
開始ページ: 1
終了ページ: 2
年月日: 2009年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard