DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5934

タイトル: Hop by Hopルーティングプロトコルにおける ノードディスジョイントな経路構築法の検討,評価
著者: 森, 拓海
高橋, 修
アブストラクト: MANET(Mobile Ad-hoc Network)ではデータ到達率の向上や遅延短縮といった目的で複数の経路を用いたルーティングプロトコルが研究されている.複数経路のセキュリティ面の利用としては,IDSなどの悪意のあるノード/経路を検出,回避する機構により複数経路を切り替えることで検出したノード/経路を回避する手法がある.経路を適切に切り替え,効率的に検出したノード/経路を回避するために,保持する複数の経路が互いにノードディスジョイントであることが有効である.本論文では,ノードディスジョイントな経路の特性を利用し,Hop By Hop方式のルーティングプロトコルでの効率的な経路構築方法を提案するとともに,実装評価することによって提案手法の有効性を明確にする.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
開始ページ: 1
終了ページ: 4
年月日: 2008年5月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard