DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Takahashi, Osamu >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/5934

Title: Hop by Hopルーティングプロトコルにおけるノードディスジョイントな経路構築法の検討,評価
Authors: 森, 拓海
高橋, 修
Abstract: MANET(Mobile Ad-hoc Network)ではデータ到達率の向上や遅延短縮といった目的で複数の経路を用いたルーティングプロトコルが研究されている.複数経路のセキュリティ面の利用としては,IDSなどの悪意のあるノード/経路を検出,回避する機構により複数経路を切り替えることで検出したノード/経路を回避する手法がある.経路を適切に切り替え,効率的に検出したノード/経路を回避するために,保持する複数の経路が互いにノードディスジョイントであることが有効である.本論文では,ノードディスジョイントな経路の特性を利用し,Hop By Hop方式のルーティングプロトコルでの効率的な経路構築方法を提案するとともに,実装評価することによって提案手法の有効性を明確にする.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
情報処理学会第45回MBL研究会
Spage: 1
Epage: 4
Date: May-2008
Publisher: 情報処理学会
Appears in Collections:Takahashi, Osamu

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace