DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5929

タイトル: 加速度センサを用いたオフィスでの行動推定
著者: 石山, 慎
高橋, 修
宮本, 衛市
アブストラクト: 一般に,行動推定レベルの細分化に伴うセンサ装着数の増大が問題としてあげられている.これは,より細かく動作分類を行うためにはより多くのセンサを装着する必要がある,というものである.センサ装着数が増加すると,利用者に強い違和感を覚えさせてしまう.そこで,本研究ではセンサの装着数を抑えつつ,行動分類の細分化を行うことを目標とした推定方式について検討する.本論文では,提案方式の説明および,その評価結果と考察を述べる.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
巻: 4Z4
開始ページ: 3-333
終了ページ: 3-334
年月日: 2008年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard