DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Takahashi, Osamu >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/5929

Title: 加速度センサを用いたオフィスでの行動推定
Authors: 石山, 慎
高橋, 修
宮本, 衛市
Abstract: 一般に,行動推定レベルの細分化に伴うセンサ装着数の増大が問題としてあげられている.これは,より細かく動作分類を行うためにはより多くのセンサを装着する必要がある,というものである.センサ装着数が増加すると,利用者に強い違和感を覚えさせてしまう.そこで,本研究ではセンサの装着数を抑えつつ,行動分類の細分化を行うことを目標とした推定方式について検討する.本論文では,提案方式の説明および,その評価結果と考察を述べる.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Volume: 4Z4
Spage: 3-333
Epage: 3-334
Date: Mar-2008
Publisher: 情報処理学会
Appears in Collections:Takahashi, Osamu

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace