DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5928

タイトル: 予備経路を持つアプリケーションレベルマルチキャストにおけるノード再接続時間短縮手法の提案と評価
著者: 渡辺, 雅人
高橋, 修
高橋, 信行
アブストラクト: ALMではコンテンツを受信するノードが中継の役割も担うため,ノードの離脱に伴うマルチキャストツリーの再構築が頻繁に発生し,コンテンツの再生が途切れるといった問題がある. この問題を解決するため,事前に予備経路を作成しておき,親ノードの離脱やコンテンツの再生が途切れた場合に予備経路に切り替えるプロアクティブな経路再構築手法が提案されているが,予備親ノードもネットワークから自由に離脱するため,再接続の際に予備経路が使えないといった問題が生じる.そこで本提案では, 子ノードにおける受信バッファ中のデータが閾値を下回った場合に,予備親ノードに対して生存確認を行い,親ノードの離脱時における再接続時間を短縮する手法を提案する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
開始ページ: 3-235
終了ページ: 3-236
年月日: 2008年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard