DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5926

タイトル: MANETにおけるネットワークコーディングを用いた効率的な符号パケット転送手法
著者: 嘉義, 智紀
高橋, 修
アブストラクト: 本論文では,パケットを相互に送受信することによって成り立つユーザ同士のコミュニティにおけるアドホックネットワークを想定し,そのようなネットワークに対して行われる攻撃について述べる.また,利己的な動作を行うノード(セルフィッシュノード)は,ネットワークへの攻撃を目的としないが,自己の送受信するパケットの転送を他のノードに要求する一方,自己は極力他のノードのパケットの中継を行わないため,他のノードの帯域幅やノードの電力などの資源を消費する.そのようなノードが増加すると,ネットワークの可用性が低下し,最終的に通信不能となるため,セキュリティ上の問題があるといえる.そこで,それらのアドホックネットワーク中の不正ノードを,相互監視の方法により検出し,排除する方法を提案し,評価する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
巻: 2008-MBL-44
開始ページ: 209
終了ページ: 216
年月日: 2008年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard