DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
花田 光彦 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5871

タイトル: Differential effect of luminance contrast reduction and noise on motion induction
著者: Hanada, Mitsuhiko
アブストラクト: 誘導運動におけるノイズと輝度コントラストの効果を検討した.ノイズを加えると誘導運動が運動対比から運動同化に変化するが,輝度コントラストが変化しても運動同化は見られず運動同化が見られることが分かった.この結果から,誘導運動はノイズのレベルには依存するが,視認性には必ずしも依存しないことが示された.
研究業績種別: 著書/Book
資料種別: Book
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Perception
巻: 39
号: 11
開始ページ: 1452
終了ページ: 1465
年月日: 2010年
出版社: Pion publication.
出現コレクション:花田 光彦

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hanada_2010_01_prcp1ms.pdf484.89 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard