DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
川嶋 稔夫 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5714

タイトル: 3次元形状の推定に基づく歴史的資料の高精細記録
著者: 深谷, 正和
川嶋, 稔夫
アブストラクト: 折れや巻癖などの形状劣化がある文化財をステレオ撮影し,対象の 3 次元形状を計測して形状劣化を補正しながらモザイキングを行うことで,形状劣化がない高精細な画像を得る手法を提案する.プロジェクタを用いて空間コード化法と位相シフト法のパターンを対象に投影することでステレオ撮影の対応点を検出し,高密度の 3 次元形状計測とモザイキングを行ったのち形状劣化補正を行う.特徴点ベースのモザイキングと比べ,形状計測を行うことで形状劣化がある対象でも画像を滑らかにつなぎ合わせることができる.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会研究報告
巻: 2010-DD-74
号: 3
開始ページ: 1
終了ページ: 6
年月日: 2010年1月22日
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:川嶋 稔夫

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kawasima_2010_2_IPSJDD10074003.pdf3.27 MBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard