DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
川越 敏司  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5356

タイトル: だますあなたが悪いのか、だまされるわたしが悪いのか
著者: 川越, 敏司
アブストラクト: 欺瞞コミュニケーションに関するモデルを作成し、日本とフランスで実験を実施し、メッセージの送り手が虚偽を行っているにも関わらず受け手がそれを信じるというコミュニケーション理論における真実バイアスが確証され、限定合理性の階層モデルによる理論化を行った。
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: なし/no
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: 経済セミナー
開始ページ: 34
終了ページ: 37
年月日: 2007年
出版社: 日本評論社
出現コレクション:川越 敏司

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard