DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Terasawa, Hideo >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/5235

Title: 「ついついメソッド」のユビキタスディスプレイへの適用-人の対話経験に基づいたインタラクションデザイン
Authors: 寺沢, 秀雄
伊東, 実
釜本, 俊一郎
菅野谷, 順
Abstract: 本研究は,ついついしてしまう人のふるまいを用いたインタラクションデザインの方法を提示し,事例として複数のディスプレイを用いた機器に適用することを目的とする.筆者らは,無意識な手順によりいつの間にか目的を達成できることが人工物のあるべきインタフェースであると仮定し,その方法を考案した.「ついついメッソド」は,日常生活でついついしてしまう人のふるまいを観察し,人工物の無意識な手順に当てはめる方法である.その手順は 1)ついついしてしまう人のふるまいの観察 2)観察されたふるまいの体系化 3)目的の抽出 4)人工物への適用 である.ここでは,複数のディスプレイがネットワークで連携し,新しい役割を担うものをユビキタスディスプレイと呼び,これについついメソッドを適用した.観察された人のふるまいから10個の目的を抽出し,それぞれについて,「いつ・どこで・誰が」の3つの状況軸を用いて系統的にアイデア展開を行った.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
デザイン学研究
Spage: 316
Epage: 317
Date: Jun-2007
Publisher: 日本デザイン学会
Appears in Collections:Terasawa, Hideo

Files in This Item:

File Description SizeFormat
terasawa_2007_02_jssd07-udp.pdf2.27 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace