DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
寺沢 秀雄  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5223

タイトル: リフレクション可視化サイトによる学びの再生-学習用サイト構築の実践
著者: 寺沢, 秀雄
沢田, 翔太
竹原, 諒
アブストラクト: リフレクションとは,自己の行為を振り返ることで得られる学びである.本研究は,リフレクションを可視化するためウェブサイトの構築を行い,その新しい学びの価値について検証することを目的とする.学習者は,過去の行為でどのような学びがあったかを反芻し言語化する.その際に思考が活性化され記憶される.この思考の活性化こそがリフレクションの狙いである.リフレクションの可視化とは,こうした学びの過程について多様な見方を提供することである.本研究を以下にまとめる.1)リフレクション媒体を静的な紙から動的なウェブに変更し,可視化を行った.2)学習者間の共同注意の対象を授業活動(課題を行う経験)ととらえた.3)UCDプロセスを用いてサイトを構築し,試験運用を行った.4)次のような新しい価値創造(学びの再生)ができた.a)動的な学び それぞれの学びを相互に振り返ることで,学びに関する討論が発生する.b)学びの全体像の把握 キーワードの記述によって,学びの比較が可能となった.c)学びの公開 学習者に緊張感が生まれ,高い学びの動機づけとなった.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Journal Article
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: デザイン学研究
開始ページ: 56
終了ページ: 57
年月日: 2009年6月
出版社: 日本デザイン学会
出現コレクション:寺沢 秀雄

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
terasawa_2009_01_jssd09-reflect.pdf1.38 MBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard