DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
高村 博之 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4991

タイトル: Mixed amplitude solutions of semilinear systems of 3-dimensional wave equations
著者: 高村, 博之
アブストラクト: 非線形波動方程式系の一般論は、小さい初期値を与えたとき、その小ささに応じて解がどれくらい長く存在できるかという視点ですべて作られている。この論文では2×2の場合に1成分の初期値が任意の大きさを持っていても、残りの成分の初期値が十分小さければ、時間大域的に古典解が存在することを証明した。解析対象は半線形系の強い相互作用がある場合で、空間次元は3である。またその解の存在条件の最適性も同時に証明した。
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Asymptotic Analysis
巻: 45
開始ページ: 99
終了ページ: 112
年月日: 2005年
出現コレクション:高村 博之

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard