DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
高村 博之 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4976

タイトル: 非線形波動方程式の古典解の解析と幾何学的測度論の重み付き変形定理
著者: 高村, 博之
アブストラクト: 第1部は半線形波動方程式の時間大域古典解はいかなる条件の元で存在したりしなかったりするのか、次元と非線形性との関係を各点評価のみで行うという観点から解析した。特に非存在の場合にできる最大存在時間の評価に重点を置いた。 第2部は幾何学的測度論における基礎定理である変形定理を実際の問題に応用しやすいように退化する重みを付けて証明した。
研究業績種別: その他/Others
資料種別: Thesis or Dissertation
単著共著: 単著/solo
年月日: 1992年
出版社: 北海道大学理学部
出現コレクション:高村 博之

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard