DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Mukaiyama, Kazushi >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/4950

Title: 彩 -半球スクリーンを用いたジェネレイティブアート-
Authors: 掛端, 俊希
迎山, 和司
Abstract: 「彩」はユーザに数式から生成される映像の美しさやアルゴリズムに興味を持ってもらうことを目的としたジェネレイティブアート作品である.ジェネレイティブアートとは,コンピュータで数式や自然現象のアルゴリズムを用いて生成される芸術作品を指す.タイトルは,本作品が彩の字義する「色,模様,輝き,着色する,飾る,形,美しい」と重なることから「彩」と名付けた.本作品は入力デバイスと出力デバイス両方の役割を持つ半球スクリーンを用い,ユーザは半球スクリーンを操作することで,半球スクリーンに投影された映像に変化を与えることができる.映像は光が軌跡を残しながら渦を巻くイメージを表現しており,生成される映像は複数のバリエーションがある.ユーザに映像を変化させて,多くの映像を見てもらい,その美しさを感じてもらう.
Research Achievement Classification: 作品/Work
Type: Others
Peer Review: あり/yes
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
NICOGRAPH2010春季大会一般論文部門
Date: Mar-2010
Publisher: 芸術科学会
Appears in Collections:Mukaiyama, Kazushi

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace