DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
花田 光彦 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4882

タイトル: Effects of circular motion on judgment of rotation direction and depth order in visual motion
著者: Hanada, Mitsuhiko
アブストラクト: 運動からの形状知覚においては,運動の回転方向が入れ替わって知覚されることがあるが,パースペクティブな運動成分があれば,ロール(視線軸方向周りの回転)が無い場合は,ヒトは正しく回転方向を知覚することができる.ロールが入った場合は,ロールが大きくなるにつれて,回転方向の判断ができなくなっていくことを実験的に明らかにし,運動からの形状知覚において,ロールを補償することは完全にはできないことを示した.
研究業績種別: 著書/Book
資料種別: Book
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Japanese Psychological Research
巻: 47
号: 4
開始ページ: 251
終了ページ: 261
年月日: 2005年
出版社: John Wiley & Sons, Inc.
出現コレクション:花田 光彦

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hanada_2005_03_jpr1ms.pdf255.9 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard