DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
神谷 年洋  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4740

タイトル: Interoperation Potential: Integration of Code-Clone Detection Methods with Other Analysis Method
著者: Kamiya, Toshihiro
アブストラクト: This (extended) position paper describes a future perspective of code-clone detection and analysis methods, in which code-clone detection and analysis methods are interoperated, or integrated with various kinds of analysis methods, in order to open new possibilities of research and applications.
研究業績種別: 国際会議/International Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Workshop proceedings of the 13th European Conference on Software Maintenance and Reengineering(CSMR2009)
開始ページ: 3
終了ページ: 6
年月日: 2009年5月
出現コレクション:神谷 年洋

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard