DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
藤野 雄一 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4639

タイトル: CAMを用いた実時間ラベリング処理法の検討
著者: 藤野, 雄一
小倉, 武
アブストラクト: CAMを使用したラベリング処理で、QCIF程度の画面領域を分割し、そのメモリ容量、CAM構成法などの検討を行った結果について示す
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Presentation
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会第45回全国大会
年月日: 1992年
出現コレクション:藤野 雄一

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard