DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
藤野 雄一 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4637

タイトル: CAMを用いたローカルらせん状ラベリング処理による人物頭部領域追跡法
著者: 藤野, 雄一
小倉, 武
アブストラクト: ローカルらせん状ラベリング処理を、テレビ電話で撮像される人物頭部領域の追跡処理に適用した手法と、その実時間処理のため、CAMを使用した場合のメモリ構成などを提案
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Presentation
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: テレビジョン学会全国大会
年月日: 1992年
出現コレクション:藤野 雄一

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard