DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
藤野 雄一 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4556

タイトル: 画像診断における葛藤のモデル化と測定
著者: 松本, 徹
福田, 信男
古川, 章
土川, 仁
藤村, 香央里
藤野, 雄一
アブストラクト: らせんCTを用いた肺がん検診用画像診断は、正常例から異常例を抽出するスクリーニング作業であり、読影医師に大きな負担をかける。本論文では、正常例を見続けた医師が異常例を発見するまでの過程をモデル化し、その精度に関し心理的見地から評価を行ったものである。筆者は評価用システムの構築を担当し、視線一致型読影支援システムとその評価手法を担当した。(約2ページ分)
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: Japanese journal of medical physics: an official journal of Japan Society of Medical Physics
巻: 22
年月日: 2002年4月4日
出現コレクション:藤野 雄一

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard