DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
藤野 雄一 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4547

タイトル: CAMを用いた実時間ラベリング法
著者: 藤野, 雄一
小倉, 武
アブストラクト: 本論文の約95%を担当。動画像中の動物体を追跡する手法として、ラベリング処理を適用すれば、同ラベル番号の物体を各フレームから中心点を求めることができる。しかしながら、ラベリング処理はラベル番号付け処理に際し、総当たりの検索処理を行わなければならず、実時間処理が困難であった。本論文では、超並列LSIであるCAMを使用し、ラベル付け処理を並列化することにより実時間処理が可能なことを示した。
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: テレビジョン学会誌
巻: 47
号: 4
年月日: 1993年
出版社: 一般社団法人映像情報メディア学会
出現コレクション:藤野 雄一

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard