DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4350

タイトル: Evolution of Object Systems by Rewriting Behavior Expressions
著者: Ito, Kei
Katayama, Takuya
アブストラクト: 大規模ソフトウェアの開発において広く用いられているオブジェクト指向方法論において、対象システムの記述手法として、トップダウンの記述スタイルと同様にシステム全体のふるまいを見渡しながら記述でき、ボトムアップの記述スタイルと同様に途中段階での実行やデバッグが可能であるような開発手法を提案する。そのために段階的詳細化と抽象実行の概念を用いる。本論文ではオブジェクトのふるまいを記述するために、正規表現に基づくbehavior expressionを提案し、これを用いてどのようにリアクティブシステムを発展させ、実行させるのかを述べる。
研究業績種別: 国際会議/International Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
開始ページ: 113
終了ページ: 117
年月日: 1999年7月
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard