DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
美馬 義亮 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4189

タイトル: 状況的ロボット
著者: 美馬, 義亮
アブストラクト: 状況的とはSituatedの訳である。初期のロボティクスの分野においては、ロボットがおかれている世界をモデル化し、ロボットのセンサーから入力されてくる情報に従ってそのモデルを更新していくというアプローチがとられてきた。また、ロボットの行動のプランニングもこのシンボル的手法でモデル化された世界における行動として解の探索が行われてきた。これに対して、状況的ロボットとは、このような内的モデルをプランニングの主役とせず、絶え間なく入ってくるセンサの情報を即興的に解釈することによって行動を決定するという手法を重視したロボットの制御手法である。本記事では実例を挙げてその考え方について述べている。
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: 月刊言語8月号
年月日: 1994年8月
出版社: 大修館書店
出現コレクション:美馬 義亮

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard