DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
美馬 義亮 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4170

タイトル: A Remote Muiltmeda Presentation System Using a Direct Pointing Stick
著者: 坂人, 隆
椎尾, 一郎
美馬, 義亮
中島, 周
安藤, 史郎
古井, 陽之助
アブストラクト: 大型ディスプレイを用いて遠隔会議システムを作成し、情報を共有するシステムConverStation/2では、各々のサイトで複数の人が一つの表示画面に投影された発表資料を見ながら議論を行う。投影されたオプジェクトを指示する操作の理解を助けるために、グラフィックエディタ上の図形が点滅するのを探知できるような指示棒を開発した。発表に当たっては、相手側には共有される発表資料とともに、発表者が画面を指示する様子が示されるため、遠隔地における発表をより円滑に行うことが可能になった。
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: Proc.IEEE Ⅲ International Workshop on Robot andHuman Communication July 1994.
年月日: 1994年6月
出版社: IEEE
出現コレクション:美馬 義亮

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard