DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
美馬 義亮 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4166

タイトル: A Visual Programming Envi-ronment for Programming by Example
著者: Mima, Yoshiaki
アブストラクト: 視覚的な環境においてマクロプログラミングを行うために、対象物の指定を行うための機構を導入することを提案する。一般のマクロプログラミングで記録される操作は、ポインティングデバイスの操作とそれが実行された場所といった状況依存性の高いパラメータでのみ表現されるものである。本論文では、ユーザは目視によってある特徴をもった図形を指定するという操作をおこなっているということに注目し、対象図形をグラフィックサーチという手続きを用いて指定する機構を導入することによって再現性の高いマクロプログラミングが可能になることを示している。
研究業績種別: 国際会議/International Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Proc. Of IEEE Workshop on Visual Languages-+
年月日: 1991年10月
出版社: IEEE
出現コレクション:美馬 義亮

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard