DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
美馬 義亮 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/4160

タイトル: On the Evaluation of Page Cashing Technique for Fontbuffer Management
著者: 松下, 武史
美馬, 義亮
アブストラクト: コンピュータディスプレイ上に7000種類を超える漢字をビットマップフォントとして効率的に表示するためには、フォントのイメージをLRUアルゴリズムを用いて管理しておくことが効果的である。このとき、LRUバッファを大きくするとフォントバッファ中にその文字が存在するかどうかを調べること事体がシステムの負荷となってしまう。本論文ではハッシュ技法を用いてフォントバッファをサイズの小さな複数のLRUバッファに分割して管理する手法を提案すると同時に、LRUバッファの効率的な利用ができるサイズや分割方法について実データに基づく評価の報告をおこなっている。
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会 第31回全国大会予稿集
号: 6G
開始ページ: 6
年月日: 1985年9月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:美馬 義亮

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard