DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >

: 著者一覧 片桐 恭弘

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 1 - 20 / 21
日付タイトル著者論文
2010年An eye-tracking study of integrative spatial cognition over diagrammatic representationsShimojima, Atsushi; Katagiri, Yasuhiro
2010年Attending to and maintaining hierarchical objects in graphics comprehensionShimojima, Atsushi; Katagiri, Yasuhiro; Enseki, Megumi
2006年Conversational inverse information for context-based retrieval of personal experiencesKatagiri, Yasuhiro; Bono, Mayumi; Suzuki, Noriko
2005年Designing the CSCL environment for bilingual deaf educationArai, N. H.; Takahashi, T.; Katagiri, Yasuhiro
2010年Identity文化パラメータの進化シミュレーション片桐, 恭弘
2005年Interactional Alignment in Collaborative Problem Solving DialoguesKatagiri, Yasuhiro
2005年TelMeA - Expressive avatars in asynchronous communicationsTakahashi, Toru; Bartneck, Christoph; Katagiri, Yasuhiro; Arai, Noriko
2010年「ロボットを対象とした新しい相互作用のデザインの試み」松原, 仁; 柳, 英克; 鈴木, 昭二; 和田, 雅昭; 片桐, 恭弘; 中島, 秀之
2010年3月ロボットを対象とした新しい相互作用のデザインの試み:函館観光振興用ロボットIKABOを例と して松原, 仁,; 柳, 英克; 鈴木, 昭二; 和田, 雅昭; 片桐, 恭弘; 中島, 秀之; 鈴木, 恵二; 小野, 哲雄
2010年会話における合意形成と相互信頼感形成片桐, 恭弘; 高梨, 克也; 石崎, 雅人; 榎本, 美香; 伝, 康晴; 松坂, 要佐
2010年7月会話における合意形成と相互信頼感形成片桐, 恭弘; 高梨, 克也; 石崎, 雅人; 榎本, 美香; 伝, 康晴; 松坂, 要佐
2007年多人数会話におけるあいづちの機能について片桐, 恭弘
2005年対面コミュニケーションにおける相互行為的視点--ジェスチャー、視線、発話の協調坊農, 真弓; 片桐, 恭弘
2010年3月情報技術を用いた観光振興―イカと函館を例として―松原, 仁; 柳, 英克; 鈴木, 昭二; 和田, 雅昭; 片桐, 恭弘; 中島, 秀之; 鈴木, 恵二; 小野, 哲雄
2006年情感のコミュニケーションを活性化するメディア環境へ向けて片桐, 恭弘
2011年6月11日機械翻訳Webサービスによる多言語函館観光情報サービス高橋, 正輝; 小吹, 頼; 内藤, 貴章; 古屋敷, 洋; 吉田, 正善; 藤田, 篤; 松原, 仁; 片桐, 恭弘
2005年社会・行動システム片桐, 恭弘; 片岡, 邦好
2005年装着型体験記録装置による対話インタラクションの判別機能実装と評価伊藤, 禎宣; 岩澤, 昭一郎; 土川, 仁; 角, 康之; 間瀬, 健二; 片桐, 恭弘; 小暮, 潔; 萩田, 紀博
2009年2月言語グリッドを利用した多言語プレゼンテーション作成支援~日本語,英語,簡体中国語,繁体中国語の相互翻訳~渡邊, 裕之; 野口, 耕自朗; 松原, 仁; 片桐, 恭弘
2011年2月言語グリッドを用いた多言語函館観光情報サービスの構築小吹, 頼; 高橋, 正輝; 内藤, 貴章; 古屋敷, 洋; 吉田, 正善; 藤田, 篤; 松原, 仁; 片桐, 恭弘
検索結果表示: 1 - 20 / 21

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard