DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Ito, Kei >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/8414

Title: PBLにおけるソースコード引き継ぎ支援 ~日本語と英語 を交えた識別子命名によるソースコード可読性向上の試み~
Support to Handover Source Codes in PBLs -Try to Improve Readability of Source Code by The Identifier Mixed Japanese with English
Authors: 熊谷, 優斗
伊藤, 恵
奥野, 拓
Abstract: さまざまな情報系大学でシステム開発PBLが行われている.PBL の中には複数年継続して行われ,プロジェクトメンバの入れ替わりが発生するものがある.本研究では,引き継ぎを行うPBLにおいて,引き継いだ学生がソースコードを読むことに時間をかけてしまっている問題を解決することを目的とする.そのためのアプローチとして,日本語と英語を交えた識別子を用いることを提案し,その命名の支援を行うツールの開発を行う.本論文では,まず日本語のみを用いた識別子の可読性を評価するための予備実験を行ったため,その結果と考察を論じる.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
日本ソフトウェア科学会第33回大会
Date: 7-Sep-2016
Publisher: 日本ソフトウェア科学会
Appears in Collections:Ito, Kei

Files in This Item:

File Description SizeFormat
fose1-3.pdf678.31 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace