DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Mima, Yoshiaki >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/4170

Title: A Remote Muiltmeda Presentation System Using a Direct Pointing Stick
Authors: 坂人, 隆
椎尾, 一郎
美馬, 義亮
中島, 周
安藤, 史郎
古井, 陽之助
Abstract: 大型ディスプレイを用いて遠隔会議システムを作成し、情報を共有するシステムConverStation/2では、各々のサイトで複数の人が一つの表示画面に投影された発表資料を見ながら議論を行う。投影されたオプジェクトを指示する操作の理解を助けるために、グラフィックエディタ上の図形が点滅するのを探知できるような指示棒を開発した。発表に当たっては、相手側には共有される発表資料とともに、発表者が画面を指示する様子が示されるため、遠隔地における発表をより円滑に行うことが可能になった。
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: あり/yes
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
Proc.IEEE Ⅲ International Workshop on Robot andHuman Communication July 1994.
Date: Jun-1994
Publisher: IEEE
Appears in Collections:Mima, Yoshiaki

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace