DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >

: 著者一覧 川越 敏司

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 58 - 77 / 125
日付タイトル著者論文
2004年3月Why Are Generous Cooperators Punished? Endogenous Institutions in Public Goods ExperimentWada, Shihomi; Kawagoe, Toshiji
2005年6月Why Lying Pays: Truth Bias in the Communication with Conflicting InterestsKawagoe, Toshiji; Takizawa, Hirokazu
2005年6月Why Lying Pays: Truth Bias in the Communication with Conflicting InterestsKawagoe, Toshiji; Takizawa, Hirokazu
2005年4月Why Lying Pays: Truth Bias in the Communication with Conflicting InterestsKawagoe, Toshiji; Takizawa, Hirokazu
2005年9月Why Lying Pays: Truth Bias in the Communication with Conflicting InterestsKawagoe, Toshiji; Takizawa, Hirokazu
2005年12月Why Reinforcement Learning? Re-examination of Belief Learning in Social SimulationWada, Shihomi; Kawagoe, Toshiji
2006年8月だますあなたが悪いのか、だまされるわたしが悪いのか川越, 敏司
2007年だますあなたが悪いのか、だまされるわたしが悪いのか川越, 敏司
2008年8月みあしのあと 主イエスならどうなさるか?川越, 敏司; 堀, 繭子
2005年6月ウソはなぜ成功するのか 利害対立のあるコミュニケーションにおける真実バイアス川越, 敏司; 瀧澤, 弘和
2008年4月オークションの人間行動学~最新理論からネットオークション必勝法まで~川越, 敏司; 小川, 一仁; 佐々木, 俊一郎
2009年「ゲーム理論」と人間の限定合理性川越, 敏司
2008年ベーシック・インカム:実験経済学からのアプローチ川越, 敏司
2001年10月マルチエージェント実験経済学の方法的基礎川越, 敏司
2002年9月マルチエージェント実験経済学の最近の動向川越, 敏司
2003年6月ランダムカット式指名競争入札の3年間 入札制度改革を考える川越, 敏司
2003年8月ランダムカット式指名競争入札の実験経済学的検討川越, 敏司
2009年万人に基本所得を与えられるか? ベーシック・インカム構想の実験経済学的検討川越, 敏司
2005年3月人工市場における市場条件管理の新手法の提案山本, 真吾; 川越, 敏司; 和田, 志保美
2004年12月公共財と経済学実験川越, 敏司
検索結果表示: 58 - 77 / 125

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard